葺き替え工事

あらゆる屋根材に対応!<葺き替え工事>

『葺き替え(ふきかえ)』とは、既設の屋根を取り除き、新しい屋根に交換する工事のこと。
ただ単に屋根瓦を、『敷く・並べる』のではなく、『葺く』のです。
下地の状態や勾配の角度をはじめ、日当たりや雨のあたり方を読み、丈夫な屋根を作り上げることができます。

永久にメンテナンス不要の屋根は、この世に存在しません。
雨や風・直射日光・砂埃など外的刺激により、屋根瓦に破損・ズレ・浮き・板金のサビといったトラブルが、どうしても生じてしまいます。

屋根材や工法によって異なりますが、メンテナンス時期の目安は約10年前後。
立地条件の気候・風土や劣化状況・建物の築年数・建築当初の施工技術により、寿命が延びたり縮んだりするケースもあります。

屋根材の種類は、日本・セメント瓦・スレート・ガルバリウム銅板など、多種多様。
愛着のある今と同じタイプでも、別の屋根材でも、葺き替えに対応可能です。

 

▼屋根の種類と特徴

● 陶器瓦(和瓦・洋瓦)
50年以上の長い耐久性を持つ、唯一の屋根材。
火や突風にも負けない強さで、定期的な塗り替え工事は必要ありません。
ただし、屋根瓦を固定し、つなぎ止めている『漆喰』の詰め直しは、定期的に行う必要があります。


● セメント瓦
セメントと砂を混ぜて練ったものを、加圧形成させて仕上げたセメント瓦。
塗装で表面仕上げをするため、カラーバリエーションが豊富。建物のデザインに合わせて楽しむことができます。
瓦の形のため、陶器瓦と混同しがちですが、10年前後で塗り替えリフォームが必要です。


● スレート(別名:カラーベスト・コロニアル)
近年、新興住宅地で幅広く採用されているのが、スレート屋根です。
セメントと繊維を混ぜ、厚さ約5mmに成型されているため軽量で、耐震性に効果大。
こちらもセメント瓦同様、約10年前後での塗り替え工事が必須です。


● ガルバリウム銅板
アルミニウム・亜鉛・シリコンを含むアルミ亜鉛合金の金属板を屋根材として加工されたタイプ。
従来の金属屋根と違い、錆びにくく、軽量で断熱性が高いことで、近年人気を博しています。
加工性が高いため、注文住宅や大型施設・複雑な形状の建物にも、万能に対応できる優れもの。
耐久性が高く、20~30年以上もつと言われています。

【お見積り無料】お問い合わせはお気軽に!
屋根工事・雨漏り修理は、川西市の有限会社久本瓦工業にご用命ください◎


【電話】 072-792-3010 (8:00~18:00 / 直通:090-8387-8437 お問い合わせは無休)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 川西市~宝塚市を中心とした阪神エリア(その他エリアもご相談ください)

葺き替え工事≫ 雨漏り修理・屋根補修≫ 屋根相談・診断≫ 屋根カバー工法≫ 外壁塗装≫

一覧ページに戻る