屋根カバー工法

お財布と環境にメリットいっぱい!<屋根カバー工法>

重ね葺きとも呼ばれている屋根カバー工法。

今ある屋根の上に新しい屋根材を乗せる方法で、解体撤去にまつわる時間やコストが圧縮できる、地球にも環境にも優しい工事と言ってもいいでしょう。

デメリットは、施工できる屋根と、そうでないものがあることと、屋根が二重になる分、建物への負荷もアップすること。
とくに瓦屋根には対応できませんので、現地調査での適切な判断が必要です。

 

▼屋根カバー工法のメリットと特徴

● 短工期&住みながらの工事が可能
葺き替えよりも、短い期間での工事が可能です。
解体撤去作業が不要ですので、人件費の削減にもつながり、その分をお見積りに反映。
住みながらにして工事が行えますので、仮住まいなどの手配もいりません。


● アスベスト問題の解消
2004年以前に建てられた建築物には、アスベスト(石綿)が含まれているものがあります。
そのアスベストは、屋根を撤去する際に飛び散ってしまうため、解体が難しく費用もアップ。
解体作業がないカバー工法では、そのリスクやデメリットを解消することに成功しました。

アスベストは、大量に吸い込むと人体に悪影響があることが判明しています。
発がん性が大きな問題となり、現在では製造や使用が禁止されています。


● 断熱性・遮音性アップで光熱費削減も
屋根が二重になるため空気の層ができ、断熱・遮音効果がアップ◎。
その分、冷暖房費削減が見込めるため、工事後の維持費も十分にカットできます。

【お見積り無料】お問い合わせはお気軽に!
屋根工事・雨漏り修理は、川西市の有限会社久本瓦工業にご用命ください◎


【電話】 072-792-3010 (8:00~18:00 / 直通:090-8387-8437 お問い合わせは無休)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 川西市~宝塚市を中心とした阪神エリア(その他エリアもご相談ください)

葺き替え工事≫ 雨漏り修理・屋根補修≫ 屋根相談・診断≫ 屋根カバー工法≫ 外壁塗装≫

一覧ページに戻る